2012年10月17日

リボーンズガンダムとメタリックカラーGXのテスト

長いこと作りたいと思っていたHGリボーンズガンダムの製作を開始しました。
で、イエローのパーツの成型色・設定色がしっくり来ないので、ゴールドに塗りたいと思っていたんだけど、
手持ちのゴールドは赤みが強くてこれはこれでイメージと違うなと思っていました。

そんな時Mrカラーの新色、MrメタリックカラーGXの色見本のうち、
GXブルーゴールドの色を見てピーンと来たので購入。早速試してみました。
下地にはガイアカラーのEXブラックを使用。

121017-1.jpg

ああこれこれ。この赤みの少ないゴールドはまさにイメージ通り。
かなり好きな感じのゴールドなので今後もちょくちょく使っていこうと思います。
これとは別に赤みのきいたゴールドはガイアのスターブライトゴールドがあるので
GXレッドゴールドは別に買わなくていいかなあと思っています。
posted by はやたん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

作ったものと積んであるもの

ここで最後に紹介してから放置している間に作ったり積んだり崩してはまた積んだりを繰り返したものをリストアップ。
半分以上自分用のメモ。

完成したもの
・HG 00 ケルディムGNHW/R
・HG 00 ティエレン(オリジナル)
・BB三国伝 孫権ガンダム
・HGUC Hi-νガンダム
・HG 00 アリオスGNHW/M
・BB三国伝 張飛ガンダム
・BB三国伝 関羽ガンダム
・HGUC ユニコーンUモード
・HG 00 セラヴィーGNHW/B
・HG 00 セラフィム
・コトブキヤ 1/100 フェイ・イェン(オラタン)
・HGUC ユニコーンDモード
・HGUC ガンダム改造プロトタイプガンダム
・HG 00 グラハム専用フラッグ
・HG 00 オーバーフラッグ(オリジナル塗装)
・ハセガワ 1/100 フェイ・イェンVH
・HGUC ユニコーンDモードANAカラー
・HGUC ガンダム(G-3カラー)
・HG 00 ダブルオーライザー+GNソードIII
・MG ガンダムエクシア
・HGAW ガンダムX

作成中
・HGUC デルタプラス
・HGUC 百式(改造予定)

積み中
・HGUC バンシィUモード
・HG 00 リボーンズガンダム
・HG 00 GN-XIII(アロウズカラー)
・HG 00 ティエレン地上型(オリジナルカラー予定)
・ハセガワ フェイ・イェンVH(PHに仕上げる予定)
・ハセガワ フェイ・イェンCH
・コトブキヤ フェイ・イェン(オラタン)(オリジナルカラー予定)

こうしてみると随分作ったなオレw。積み自体は大分崩したけど、作りたいものはまだ沢山あるしなあ。
このうちバンシィとGN-X3、ティエレンはごくごく最近買ったものなんで、
そう考えると一時期よりも積みは相当減ったんじゃないかなと。
積みプラの中だとやっぱりフェイ・イェンが一番の難関。
どうしても全塗装で仕上げたくなるし、改修をするとなると結構な作業になるし、
ハセガワのはデカール地獄だしw。ま、焦らずにちまちま作っていきます。
ラベル:ガンプラ
posted by はやたん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その6

フェイ・イェンVH製作記6回目。いよいよと言うかようやく塗装に入ります。
ここまでがすごく長かったなあと思いますが。

Making_Fei-VH_14.jpg

今回の塗装色が白・ピンク・黄色と鮮やかな色(かつ塗装泣かせな色)なので、サフ吹いた後、
下地をガイアホワイトで白くしておきます。
今回もパールの光沢仕上げをするつもりなのでごみとかが付くと本当に泣けます。

Making_Fei-VH_15.jpg

一方関節などのフレーム部分はファントムグレーで塗装して早々につや消しにしておきます。
いろんな作例を見ると光沢塗装だとフレームもメタリックにして
光沢仕上げにしているものが多いですが、
オレはそれはそれで好きだけど一部つや消しにしたパーツと光沢仕上げの外装と言う
コントラストを生かした方が好みなもので。
posted by はやたん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その5

フェイ・イェンVH製作記5回目。肩や腕の工作に入ります。
肩の可動範囲が広がるとポーズが付けやすくなるので何とかしたいところなんですが。

Making_Fei-VH_10.jpg

肩のパーツは上の部分を削り取り、そのままだとポリパーツが干渉してしまうので、
干渉する部分をリューターで削ることで一番右のように90°可動するようになります。
肩の軸のストッパーに当たる部分も左のように削ると、引き出したりしなくても
真上まで上がるんだけど、実際には肩アーマーを取り付けるので結局意味が無いという
オチに。

Making_Fei-VH_11.jpg

肘のパーツは接着後、下の部分を削れば後ハメが可能ですが、そのままだと曲げた時、
角度によってはパーツの中が見えてしまうので、プラ板を貼り付けて延長しておきます。
可動に影響しない範囲だと写真の程度だけど、これくらいならまあ許容範囲。

Making_Fei-VH_12.jpg

左手のレイピアの持ち手、そのままでも十分なんだけど、塗り分けも考えて、
より別パーツに見えるようにタガネやデザインナイフを駆使して削り込んでおきます。
小指側の指の隙間もドリルを使って開けておきます。

Making_Fei-VH_13.jpg

Vコンバータのパーツは塗り分けも考えて切り抜いておきます。
左側のパーツは裏側をエポパテで埋めておきます。

といったところで大掛かりな工作は終了。あとは表面処理などをしてサフ吹き・塗装に入ります。
ここまで本当に色々悩みながら牛歩並みにゆっくり進めてきたのでものすごく時間がかかってしまった。
posted by はやたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その4

フェイ・イェンVH製作記4回目。今回は背中のリボンの工作。
以前作ったときはこの辺りがポロポロ外れて非常にイライラしたので、
ネット上の作例を参考に取り付け部分を製作します。

Making_Fei-VH_07.jpg

使うのは関節技のフレキシブルパイプ(小)。

Making_Fei-VH_08.jpg

リボンに仕込む4連ポリキャップの代わりに、パイプを4つ連結させたものを仕込みます。
取り付けのためにやや大きめにパーツを削り、エポパテで固定。
あまり綺麗とは言い難いですが、完成後はどうせ見えなくなるので妥協。

Making_Fei-VH_09.jpg

リボンの方にはボール軸を差し込みます。取り付け部分の余裕があまり無いので、
1mmの穴を慎重に空けて先の尖っリューターでこれまた少しずつ穴を広げました。
取り付けはエポキシ系の接着剤でがっちりと。
前の作例では1.2mmの穴が良いと言うことですが、ドリル刃がやや高めだったのと、
汎用性を考えて結局購入は見送りました。
可動はあまりしないと言うことですが、素組みの固定がいまいちだったのと、
そこまで難しい工作でもないので個人的にはお勧め。
posted by はやたん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その3

フェイ・イェンVHの製作記3回目。今回は腰回りの工作。
この辺りも試行錯誤というか悩みながら進めていったところです。

Making_Fei-VH_04.jpg

腰の接続部には関節技5mmのボールジョイントを使います。
ここの胴体パーツに受けを仕込むのがなかなかに難儀して、スペースがそんなに無いので
多少強引に埋め込んだ形になりました。最後はエポパテで固定しておきます。
この状態で位置合わせとか本当にしんどかったです。

Making_Fei-VH_05.jpg

太腿の可動範囲を広げるため、付け根のパーツの裏側を削っていきます。
左が作業前、右が作業後。仮組みの段階ではパーツの形状を変えるまでは必要無いかなと思いましたが、
果たしてどうなることやら。

Making_Fei-VH_06.jpg

腰パーツのボール取り付け部も少し削っておきます。あんまり削りすぎると今度は保持力が
無くなってしまうので、確認しながら慎重に。
posted by はやたん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その2

さてハセガワのフェイ・イェンVHですが、工作の手順に悩んでいたり、
ゲームに集中していたりしていたせいで1ヵ月半近く放置してしまいました。
これ以上先延ばしにするとお蔵入りになりそうなので製作を再開します。

ただし今回みたいな比較的大胆な改造は何分初めてなもので、
他の作例を参考にしながらほとんど手探り状態、行き当たりばったりで進めていました。
そのせいで写真は諸々の過程をすっ飛ばして結果の羅列になってしまい、
あまり後々の役に立たなくなってしまいそうだけどまあご容赦を。

Making_Fei-VH_02.jpg

実際の工作の順番は諸々の都合によりバラバラに進めていたんだけど、まずは足首から。
足首に回転軸を付けるために3mmの関節技ボールジョイントを仕込んでいます。
ただ回転させるだけなら足首側の出っ張りを削り取れば済むかもしれないけど、まあ折角なので。
そのままボールジョイントを仕込むと当然脚がやや長くなってしまうので、
足首側のパーツはやや(3〜4mmほど)削り、空いた穴をエポパテで埋めた後に、
3mmの穴を開けてボールジョイントの受けを仕込みます。
脛側もほぼ同様の手順で2mmの穴を空けてボール軸を接着しています。

Making_Fei-VH_03.jpg

太ももにロール軸を追加。
腿の上の部分をエッチング鋸で切断し、太もも部分に3mmのポリキャップを仕込み。
切り取った部分は肉抜きをエポパテで埋めた後、3mmのプラ棒で回転軸を作ります。
これが出来るとポージングの自由度が上がり、後ハメ加工も必要なくなるんだけど、
回転軸がずれると間抜けなことになりそうだったのでものすごく神経使いました。
過去の作例を見るとさらっとこの工作をこなしている人がいるけど、
位置合わせとかをスムーズにこなせていたらその腕がものすごく羨ましい。
posted by はやたん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

フェイ・イェン with Vivid Heart製作記・その1

さて色々一段落したので次の製作に取り掛かりたいとおもいます。
ということで長いこと積んでいたハセガワのフェイ・イェン ビビッドハート(以下VH)
に手をつけようと思います。

Making_Fei-VH_01.jpg

まずは仮組み。一度BHで組んでいるのである程度勝手は分かっていますが。
それでもガンプラに比べてパーツが細かいので色々時を使います。

で、組んでみて気になったこと。
やっぱり可動範囲が狭いですね。特に肩は今の角度が精一杯です。
あと腰の可動も無いので取れるポーズに制限がかなりかかります。
それと足首。ほぼ固定なので足を広げたポーズがいまいち決まらないことがあります。

前に作ったときはとにかく仕上げること第一だったので、
今回はこの辺をどうにかしながら作っていこうと思います。
posted by はやたん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その9

ニコイチプロトタイプガンダムの製作記9回目。
今回で仕上げてラスト。

Making_05-31.jpg

さくさくとデカールを貼っていきます。
使うのはガンダムデカールの地球連邦軍、逆シャア、FAガンダムと
各色のサテライトのコーションデカール。
旧キット付属のデカールを使いたかったのに触っているうちに剥がれて
ボロボロになってしまいましたorz。

Making_05-32.jpg

足やシールドにも。FAガンダムのデカールになぜか「RX-78-1」のマーキングがあったので
折角なので使います。
あと地球連邦軍のデカールが古くなって劣化したせいか貼っているうちに
ボロボロと崩れてきて結構イライラ。
イエローのコーションデカールも何故か貼っている先から崩れるものが多いです。
ホワイトやレッドは普通に貼れたのに何でかねえ。
どうせ使いでに困るし、古くなったデカールは見切りをつけて処分した方が
良いかもしれないとこのとき思いました。

で、デカールを貼り終えたらスーパークリアーつや消しを吹いて完成。

Making_05-33.jpg

シルバーのつや消しコートどうなることかと思ったけれど、
かなり良い質感が出て個人的には非常に満足です。

他にも色々と写真をアップしたいけど、他のキットの写真も随分溜まっているので
まあそのうちに。
やっぱり作業用と撮影用のテーブルを兼用するとこういうところ不便だなあ。
ローテーブルで十分だと思うので撮影用のテーブルを導入しようかと検討中。
posted by はやたん at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その8

ニコイチプロトタイプガンダムの製作記その8。

エアブラシ塗装があらかた終わったので細かいところの部分塗装とスミ入れ。

Making_05-27.jpg

カメラアイはゴールドのラピーテープに変えました。
マスクの赤い部分は一応マスキングで塗り分けたんだけどやっぱりシルバーの上だと
赤の発色が微妙に違ってますね。面倒でも白を重ねるべきだったか。

Making_05-28.jpg

シリンダーはエナメルのゴールドとシルバーで塗り分け。

Making_05-29.jpg

頭部センサーにもラピーテープを使います。

Making_05-30.jpg

書き忘れていたけどバーニアは一回り大きめのコトブキヤのバーニアノズルに
交換しています。
バーニア内部はアクセントが欲しかったのでガンダムマーカーのメタブルーを
使うことにしました。

そろそろ仕上げ。
posted by はやたん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その7

ニコイチプロトタイプガンダム、間が開いたけど7回目。

工作・サフ吹きが終わったので塗装に入ります。
ま、塗装は乗ってくると一気に終わらせてしまうのでささっと。

Making_05-23.jpg

赤の塗装はガイアホワイトを下地にしてシャインレッドを使用。
さて1箇所間違いがあるのですがどこでしょうかw。

Making_05-24.jpg

シルバーはスターブライトシルバーを使います。
腹部のパーツ、間違えて赤で塗ってしまい、慌ててシルバーに塗りなおしたので
ちょっと塗膜が厚くなったかも。
腿の上の部分や装甲の裏には黒鉄色を使ったんだけど、これこげ茶っぽくて
あまりオレの好みじゃないです、改めて。
使うんならメタルブラックとかシルバーを少し混ぜた方が自分好みの
ガンメタルになるような。
あとビームサーベルの柄をシルバーにするとますますスターウォーズの
ライトセーバーっぽいなw。

Making_05-25.jpg

関節には焼鉄色。こっちの方は割とイメージに合った色なんだけどなあ。
ビームライフルは迷った挙句にスターブライトアイアンで塗装しました。

Making_05-26.jpg

黒はさっさと使い切りたいのでセミグロスブラック。
腹部ダクトはあらかじめ赤を塗装してからマスキングして周りの黒を塗装しています。
この段階でかなり良い質感が出ているので仕上げのつや消しクリアーを
吹こうか少々迷いますw。

続いて部分塗装・スミ入れの予定。
posted by はやたん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その6

ニコイチプロトタイプガンダム製作記の6回目。

今回は後ハメ加工と合わせ目消し。
と言っても今までの工作で大体の合わせ目も消してしまったし、
後ハメ加工も殆ど定番ですが。

Making_05-21.jpg

頭部は顔パーツがはまる部分の下を切り取って、下から差し込めるようにします。

Making_05-22.jpg

胴体は腹部のパーツがはまる穴の下部を切り取り。
腕の接続パーツはこの時点で取り付けてしまうか迷ったのですが、
後で取り付けられることが分かったので塗装することにします。
取り付けを楽にするためにポリキャップにはめる部分の軸を少し削っておきます。

大まかな工作はこれにて終了。
あとは合わせ目消しと表面処理をしていきます。
posted by はやたん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その5

ニコイチプロトタイプガンダム製作記の5回目。

今回は武装の製作に入ります。

Making_05-16.jpg

今回シールドの十字は埋めておきたいので裏にプラ板貼ってエポパテで埋め、
代わりに0.5mmのプラ板で棒状のパーツを合わせる事にします。
一番左のシールド基部の十字パーツがはまる部分もパテで埋めておきます。

Making_05-17.jpg

合わせるとこんな感じ。

Making_05-18.jpg

バックパックは旧キットを見ると真ん中にスリットが入っています。
これをスジ彫りで再現するのは大変なので、スリットの入ったモールドプレートを貼って
再現することにします。
またサーベルラックのところに3本のスジ彫りを入れておきます。

Making_05-19.jpg

ビームサーベルに入っているスリットがプロトタイプガンダムは5本なので
スジ彫りを入れておきます。
このために透明ガイドテープを買ったんだけどパーツが小さすぎるのか
パーツへの貼りつきが悪かったので結局マスキングテープをガイドにしました。

Making_05-20.jpg

大きな改修点であるビームライフルはまずはスコープはいらないのでエポパテで埋めます。
旧キットから銃身と後ろにある突起を移植します。
突起は最初は旧キットに位置を合わせようとしたのですが、
途中で腕の窪みと位置を合わせる必要があることを思い出しました。
銃身は旧キットそのままだと短い気がしたので3mmのプラ棒で4mm程延長しています。
posted by はやたん at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その4

ニコイチプロトタイプガンダム製作記の4回目。

もう少し工作が続きます。

Making_05-12.jpg

右のサイドアーマーにあるホルスターは旧キットから移植します。
HGUCのサイドアーマー中央にある出っ張りを旧キットパーツがはまるように
少し削っておきます。また旧キットにあったモールドは一旦削り落とします。

Making_05-13.jpg

組み合わせてこんな感じ。モールドは0.5mmプラ板で作り直します。
もう少し色々貼り付けても良いかもしれないけど、
シンプルなラインが好きなのとディテールアップのセンスが無いので
このくらいにしておきます。

Making_05-14.jpg

リアアーマーの段差を再現するためこちらも旧キットから移植。
HGUCのリアアーマー中央にある差し替え部分は接着して塞いでおきます。

Making_05-15.jpg

接着後エポパテを盛って整形。この後も隙間が目立つので
ラッカーパテを盛って整形していきます。
今回はシャープなラインにしたいので各部のエッジ処理もこの時点で進めておきます。
posted by はやたん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その3

ニコイチプロトタイプガンダム製作記の3回目です。

今回は腕と同様に特徴になっているアンクルアーマーの工作。

Making_05-10.jpg

旧キットのアンクルアーマーはそのまま使うには小さいので
こんな感じで3分割します。

で、HGUCガンダムのアンクルアーマーに接着します。
ガンダムのアンクルアーマーは合わせ目を消した後裏にあるピンやダボ穴は削り取っておきます。
その後で1mmピンバイスで穴開け・繋いでスリットにします。
途中の写真撮り忘れましたが。

Making_05-11.jpg

そのあとエポパテを盛ってHGUCの形状に合うように整形します。
左はまだ工作途中、右がほぼ完成品。
この後サフチェックしたら継ぎ目とかがあったのでさらにパテ盛って整形していきます。
posted by はやたん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その2

ニコイチプロトタイプガンダム製作記の2回目です。

まずは一番の特徴である腕の製作。

Making_05-04.jpg

旧キットの丸い部分をこんな感じで切り取ります。

Making_05-05.jpg

HGUCガンダムのポリキャップを挟む丸い部分もこんな感じで切り取り。
この丸いパーツを旧キットに移植してポリキャップで接続・可動できるようにします。
ちなみにこの切り取りには0.15mmのBMCタガネを導入しました。
曲線も描きやすいし切れ味も良いのでかなりの負担軽減になりました。

Making_05-06.jpg

接続には上中央にある3mmの穴を開けた0.5mmプラ板を接着しています。
下が途中だったり完成したパーツ。
右下にある左腕のパーツにはシールドをマウントできるように3mmの穴を開けておきます。
この裏にはポリキャップを仕込んでおく予定。

Making_05-07.jpg

手首との接続部はパーツには6mmの穴を開けてポリキャップの受けを作っておきます。
右にある同じく6mmの穴を開けた0.5mmのプラ板でHGUCにある段落ちを表現する予定にしています。

Making_05-08.jpg

全て組み上げて接着しているところ。左腕はパーツ内部がポリキャップ固定用の
エポパテがいっぱいなので上腕部やシールドマウントのパーツを差し込んで
可動などを確認しています。

Making_05-09.jpg

前腕部完成の図。結局手首接続のポリキャップは0.5mmだと厚さが足りなかったので、
腕と同じ形の0.5mmプラ板+1段小さめの0.5mmプラ板を貼って段差と
ポリキャップのカバーを行いました。
posted by はやたん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

プロトタイプガンダムを作ってみる・その1

以前から作ってみたいものの一つとして、プロトタイプガンダムがありました。
ただ、実際作るとなると割と大きなパーツの加工が必要になるので、
自分の技術じゃ難しいだろうなと敬遠していました。
B-CLUBから改造パーツも出ていますが高い・そもそも現状では入手困難と言う
理由からこれも難しいだろうなと思っていました。

と悩んでいたところふと見たサイトで旧キットとのニコイチで作成した例があるので、
これなら何とかなるのではと思って製作を開始しました。


Making_05-01.jpg

まずはHGUCガンダムを仮組み。そういえばファースト作るのは相当久しぶりだな。
やっぱり最初に作ったという補正が強いとはいえ、このスタイルが自分の中では
一番しっくり来る感じです。

Making_05-02.jpg

長いこと品切れで、再販がかかった時に即行で確保した旧キットプロトタイプガンダム。
開けてみてびっくりしたけど昔のキットって本当にパーツ構成がシンプルですねえ。
どっかの雑誌でモナカキットを作り倒すという企画があったけど、
ありゃ多分自分には無理です。余程のことがない限りHGUCで十分だし

Making_05-03.jpg

仮組みしたガンダムに必要そうなパーツの一部を取り付けた状態。
当面は前腕部の接続やアンクルアーマーの加工をどうするかが問題になりそうです。
posted by はやたん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ティエレン製作中

どうも更新が鈍いな。
忙しいわけでもないしネタが無い訳でもないんだけど、
文章に起こすのがどうにも億劫な感じ。

とはいえ、あまり放置するわけにも行かないのでティエレンの制作状況を
簡単に。

101208-6.jpg

今回は細かいところも詰める予定なので装甲の裏などをポリパテで埋めておきます。

101208-7.jpg

リアアーマーのカーボンブレードのマウントは不要なのでカット。
空いた穴は同様にパテで埋めておきます。

101208-8.jpg

リアアーマーの裏もパテ埋め。しかしここはプラ板使うべきだったなーと
埋めた後に後悔。結構な重さになってしまいました。

101208-9.jpg

シールドは以前のときのようにプラ板などでディテールアップ。
シールドの無い方の脛アーマーの穴はパテで埋めておきます。

101208-10.jpg

背中のレーダーは1mmの真鍮線に交換。でもこの後塗装してしまうので
効果あるのかなあという気はしますが。

サクサク進みますが続いてオリジナルの武器。
以前からダブルオーセブンソードを見たときからカタールカッコヨスと思っていたので制作します。
カーボンブレードを芯に、0.3mmプラ板などを貼り合わせてこんな感じに。

101208-11.jpg

カーボンブレードが持ち手以外殆ど原型を留めていないけど
造形的にはまあ満足です。グレーなのは一度サフを吹いているからです。
このあと表面処理や刀身のシャープ化などを行っていく予定。
posted by はやたん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

フェイ・イェン with Blue Heart 制作記・その7

フェイ・イェン制作記7回目。いよいよ今回で最終回。

続きを読む
posted by はやたん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

フェイ・イェン with Blue Heart 制作記・その6

フェイ・イェン制作記6回目です。今回で塗装はほぼ終了。

続きを読む
posted by はやたん at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンプラ製作記・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。