2012年10月01日

発見したゲームプレイ動画

いつものようにニコ動を彷徨っていたら面白いゲーム動画を見つけたので紹介。

ゆっくり提督が行く R-TYPE TACTICS II --Operation BITTER CHOCOLATE--

割と知る人ぞ知る名作といったR-TYPE TACTICS IIのゆっくり実況動画。
何が特徴かと言うと、普通に戦闘シーンを流すと冗長になりがちなんだけど、
編集の技術が上手いのでサクサクとテンポ良く見られると言うこと、
それと個性豊かすぎるなメンバーが織り成すお笑い劇とシリアスなストーリーとの
ギャップが魅力。

すごく面白くてさくさく見られるんだけど、このゲーム終盤に行くに連れて
段々と鬱展開になっていくのでこの雰囲気のまま行けるのかなと言うのがちょっと不安。
(同様の理由でこのゲーム面白そうなんだけどいまいち食指が動かないです)

ゲーム日記ってこういう感じの原形を留めない日記にするとすごく面白いので
こんな感じのを書きたいんだけど、
こういうのってかなりセンスが必要なのでなかなか思い通りのクオリティのものが作れないのが
悩ましかったりします。

追記:どうやら○○○編についてはやらないとの作者の弁。
ま、正直作中の茶番パートが作りにくいし、そりゃそうかなと思います。
というわけでここからどんなラストに持って行くのか安心して期待できるかなと。

あとこのゲームについて、TACTICS1については○○○編も含めて一つの物語として
綺麗にまとまっているんだけど、TACTICS2に関してはストーリーがかなりの超展開な上にラストも
意味不明なので、正直蛇足感が強いような気がします。
番外編と銘打っているので、ラストで分岐して一つはそのままエンディング、
もう一つは番外編へ、という展開にしても良かったんじゃないかなあと、
プレイしてもいないのに勝手に思ったり。
posted by はやたん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

ニコ動のプレーヤーが新しくなったが

タイトル通り、ニコニコ動画に新プレーヤーが導入されたんだけど、
同時にページが空白で動画も何も表示されないという事態が発生。

しばらくは旧プレーヤーで視聴していたんだけど、いちいち旧プレーヤーの
ページに行くのも面倒になってきたので、何とか出来ないものかとあれこれ探してみた。
……なんだけど、思ったよりも話題に上ってなかったな、これ。
それほど発生数が多くないのかもしれないが。

で、とりあえず調べてみた限りでの解決法。載せとけば誰かの役に立つかもしれないので。
1.Flash Playerの「設定」→「ローカル記憶領域」の「今後表示しない」のチェックを外す。
2.キャッシュを全部消してみる。
3.Flash Playerをインストールし直す。
4.Flash Playerのバージョンを9にダウングレードする。

結局オレの場合にはFlash Player 9にダウングレードして見られるようになりました。
その度動画には
「ご利用されている Adobe Flash Player のバージョンでは
ニコニコプレーヤーが正常に動作しない場合がございます。
お手数ですが最新のバージョンにアップデートしてください。」

と出るんだけど、最新のバージョンで今まで見られなかったんじゃダボが〜(ジョジョ風に)
と言いたい気分です、本当。
ま、その内ちゃんとした解決法も出てくるでしょう、きっと。
それまでの応急処置ってことで。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

リコーダーって凄かったんだな





以前紹介したrexageさんの新作が出ていたので紹介。
最初からクライマックス。
いや、まさにそんな感じ。演奏技術もさることながらアレンジの仕方が凄いわ。
FFの曲って意外にリコーダーのアレンジが合うんだなー、としみじみ思います。
特にFF6あたりは雰囲気的にもリコーダーの音色が合いそうな曲が多そうな気がするけど、
その辺はどうかな。


-------------------------------
相互リンク追加しました
しまちゃんのガンプラダイアリー
メタルクラフトペイント、ファレホなどの水性塗料を使っての制作を行っているサイト。
ファレホは以前ウェーブの店舗で見たことがありますが、
仕上がりはラッカーに勝るとも劣らないという感じでしたね。
オレは匂いとかあまり気にせずラッカーをガンガン使ってますがw、
やっぱり子供とかいるとさすがにラッカーシンナーをドバドバ使うわけにもいかないですからね。
販売側もこういう害の少なくてしかも色落ちの少ない塗料を
色々開発してくれると家族向けにも手を出しやすいと思うんだけどなあ。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

また痛戦闘機ですみません

とりあえず今回は1本。



ここに乗せているのはその1だけど現在その9まであります(現在制作進行中)。

その9まで見ていくと思うかもしれないけどほとんどこのスタイル「プラモつくろう」です。
それにしてもやっぱりテクニックすごいな、と思います。塗装も工作も。
モールド彫りなんかフリーハンドでよくできるなーと。
オレだったら絶対よれて酷いことになります(苦笑)。
今度モールドを彫るときはガイド用のプラスチックテープ買ってくるか。

それにしてもやっぱりどんなキットでもオリジナルのカラーにするのは見ていて楽しい。
今作っているフラッグを全塗装しようなんて考えたのもこれとか、
以前紹介した動画の影響だったりするし。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

上手い人のテクニックは見ていて飽きないね

ニコニコ動画を見ていたらプラモ制作系の動画を見つけたので3つほど紹介。
と、言っても3つともうp主は同じだし似ているような系統なんだけど。









これすごいなー、塗装技術とかもそうだけど根性入りまくりのマスキングとかが凄すぎる。
オリジナルのデカールとかも作れると楽しそうだなー、と思えてくる。
やっぱり自分の思い描いたものを思い通りの形に出来るってのは
もでらー冥利に尽きるだろうなー、とこれ見て思った。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

最近見た音楽系動画

昨日のエントリを長いことトップにしておくのも忍びないので、
最近聞いたり日曜の夜に気を紛らわしに聞いたりしたものを紹介。

基本的にはどうしても90年代の曲になってしまうけど御容赦を。

続きを読む
posted by はやたん at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

久々の動画紹介

ここのところガンプラ制作ばかりの上にあまり更新してなかったこのカテゴリの更新。
ニコ動はそれなりに巡回しているけど、これといって目ぼしいネタが無かったってのが大きいけど。
幾つかまとまってきたのでざっと紹介します。

続きを読む
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

続・アーマードコア系動画

例によってニコニコ動画を巡回していたらアーマードコアのプレイ動画を新たに発見したので紹介。
今回は2本ともアーマードコア3で。

なんとなくアーマードコア3(全話リストはこちら
アーマードコア3の一連のミッション・アリーナを超絶テクニックで魅せてくれる動画。
特にブレードの使い方が見事の一言で、特に機動兵器侵攻阻止(通称:大仏)を
木刀(初期ブレード、当然威力は最弱)一本、しかもノーダメージで撃破する回は圧巻の一言。
このうp主を持ってしても全国大会ではさらに上がゴロゴロ居るってのはどんな世界なんだ全く。
BGMの選曲はコアなところを突いてくるんだけど、AC3の音楽自体がかなり良いせいもあって、
えらくシンクロする回もあれば微妙な時もあってオレ的にはちと微妙。
例の大仏を木刀撃破の時のBGMは笑わせてもらったけど。
何気にミッションのSランクを当然のように取っているのは凄い。

ふと思いついてアーマードコア3プレイ(全話リストはこちら
タイトル似ているけど間違えないようにw。
こちらは動画中に字幕入れたり所々BGM変えたりもしているんだけど、
何よりも奇抜すぎるアセンが最大の特色。
とっつきはともかくインサイド爆雷や火炎放射器、武器腕のマシンガンや投擲銃など、
どう見ても産廃じゃねーかとしか思えないパーツで華麗にクリアしているのが非常に面白い。
新たな発見があったよな、という感じで。まあ結局自分では使わないんだがw。

この動画見ているとAC3をもう1度やりたくなってきたな。
振り返って思うにアーマードコアのシステムは3〜SL辺りでかなり完成されていたように思う。
NXでは熱の導入が、(やってないけど)LRでは部位破壊のシステムのせいで
肝心のゲーム性が損なわれてしまったように思う。
リアルにするってのも大事なんだけど、所詮はフィクションなんだからある程度アバウトじゃないと、
ゲームとしての爽快感が得られないってのは難しいところかな。
全く触れていないので詳しくは分からないけどAC4でほぼ全部のゲームシステムを一新したのは
そういう意味では英断かもしれない。そうでないと行き詰った感があるからなあ。
posted by はやたん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

音楽系動画

ニコ動に限らずYouTubeなんかでもどこぞの権利団体がうるさくてなかなか良質な音楽系の動画が無いんだけど(初音ミクとかは別)、
幸いにして幾つか見つかったのでオレが気に入った動画を紹介。

サラリーマンがB'zの「ギリギリchop」を弾いてみた/ダメ人間
コレ本当に素人か?いやイントロとか所々走っているところもあったりするんだけど、
それをひっくるめてもこのテクニックは凄い。
何よりこの選曲。オレの知る限りこの曲B'zの中でもトップクラスに難しい曲でないかと。

【KAITOカバー曲】Get Wild-RT mix-(自作オケ)
Get Wild好きのオレで、ぶっ飛んだアレンジの'89はあまり好きではないんだけど、このアレンジ具合はなんとなくツボ。
背景の映像がシンプルながらGet Wildの雰囲気に合っているのも○。

Go Beyond The Time Richie Kotzen  Zガンダム オープニング
リッチー・コッツェンがガンダムの曲をカバーした「哀 戦士・Z×R」から。
とびきりこの曲がカッコ良過ぎる。以前紹介したアーマードコア4でガンダムのBGMなんだけど。
オレはGacktの劇場版Zテーマ曲を聴いたことが無いのであまり詳しくは言えないけど、
この曲素直に劇場版Zのテーマ曲で良いんじゃねーのという気がしてくる。

Mr. Big - Burn (Deep Purple cover)
リッチー・コッツェンつながりで。
一言、演奏レベルおかしい。リッチーのギターもさることながら
ベースが変態すぎる。ベースって普通こんな使い方できないしまずしない。
つーかこのベース一時期B'zのサポートベースやったことあるんだよね……
この動画とかで存在知っていたら絶対ライブ行ってたよ(泣。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

懐かしかったので

ネットを徘徊していたら仮面ライダーBLACK RXのネタ動画があったのでつい。
リアルタイムで見たのが小学校5,6年ってところだったからなあ。
まずは紹介。

RX 〜バイオライダーの能力検証〜

うん、ひどいチート。いや、バイオライダーのデザイン自体はすごい好きだったし、
今でも好きなライダーの五指には入るとは思うけど、今見るとこのバランスブレイカーっぷりは酷いを通り越して笑える。
物理・火炎・冷凍・電撃・衝撃無効ってコレメガテン3のマサカドゥスをリアルでやってるぞ。
これを見てしまうと種でのフリーダムを笑えない気もするんだけどなあ。

さすがにこの能力をゲームで再現するとまずいと考えたっぽく、「ヒーロー戦記」というゲームでは、
バイオライダーの能力地が結構弱めに設定されていて、逆にロボライダーが主力になると言う、
仕方がないと納得は出来るけどどこか寂しくも感じたりしたけど。
ラベル:ニコニコ動画
posted by はやたん at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ウルトラマン系動画

9月に公開されると言う「大決戦!!超ウルトラ8兄弟」が何気に面白そうに思えたので、
折角なのでニコニコやYouTubeで見つけたゲーム「ウルトラマンFighting Evolution 3」のMADを紹介。

これらのMADの作者は同じ人なんだけど、なんと言うか編集が神業的。
ゲームプレイなのに普通にアニメとかの映像としての完成度も高くないか?と思えるほど。

ウルトラマン 世界各拠点同時侵略 シリーズ

一通り続いているシリーズ物。先も言った神業的な編集技術によって、
おそらくは1対1の対戦の編集なんだけど本当にタッグバトルしているかのように思えてくる。
ある程度ウルトラマンシリーズの知識があること前提だとは思うけど、
まあウィキなり何なりを流し読みするだけでも十分だと思うけど。
ストーリーは脳内補完の方がいいとは思うけど、こっちにも何か阿呆が湧いているようなので
コメント非表示かYouTube版を推奨。
以下簡単に解説。

Episode 1(ニコニコ動画版YouTube版
ウルトラマン&ティガVSガンQ(「ガイア」登場怪獣)
何でこのコンビなの?と言う方はティガの49話を参照のこと。
一発見てこのシリーズに引き込まれたきっかけ。本当にタッグバトルをしているような演出が一番光っていると思う。
まあウルトラマン2人がかりで怪獣1体をフルボッコってどうよという気もするけど、
そこは怪獣がそれだけ強力なんだと言うことで一つ。

Episode 2(ニコニコ動画版YouTube版
ガイア&アグルVSツインテール&バルタン星人(「ウルトラマン」登場)&バキシム(「エース」登場)
劇中で登場した平成ウルトラコンビVS昭和ウルトラの代表怪獣軍団。
改めて見てもガイアの必殺技のポーズって独特だよなあ。

Episode 3(ニコニコ動画版YouTube版
アグル&80VSバルタン星人&ベムスター(「帰ってきた」登場)&ゴルザ(「ティガ」登場)
ああ、何かアグルに捕獲&洗脳フラグが……

Episode 4(ニコニコ動画版YouTube版
ダイナ&アストラVSマグマ星人(「レオ」登場)&ゴモラ(「ウルトラマン」登場)&グドン(「帰ってきた」)登場。
最初ガギ(「ティガ」登場)かと思ってしまった。よく見たらグドンじゃん。

Episode 5(ニコニコ動画版YouTube版
アストラ&レオVSグドン&ダダ(「ウルトラマン」登場)
個人的に怪獣の選択と演出がにくいところを付いてくる。詳しくはウィキペディアで「ババルウ星人」を検索のこと。
この知識あるだけでかなりこの選択の巧さが分かると思う。もちろんオレも実際の映像を見たわけではないので。

Episode 6(ニコニコ動画版YouTube版
ジャスティス&タロウ&コスモスVSエースキラー(「エース」登場)&タイラント(「タロウ」登場)
映画でハブられちった3人w。そら数出しても仕方ないとは思うけど、
メビウスでタロウだけ中の人登場してないからなあ。80の変身シーンも合わせて見てみたかった。

FER ウルトラマンVSカオスロイド 〜M78完全破壊計画〜(ニコニコ動画版YouTube版
こちらはFighting Evolution Rebirthより。やっぱりメビウスのBGMは格好良すぎる上に戦闘シーンがBGMにピッタリなんだよなあ。
posted by はやたん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

FF5動画

最近ニコニコ動画で見つけたものから。色々検索していたら何故かFF5のプレイ動画に集中してしまったので、
それらをまとめて紹介。

【ふたりは】FF5を白黒魔で攻略していく【プリキュア】

基本レナ=白魔道師、ファリス=黒魔道師という縛りプレイ。
他のに比べて縛りはそれほどきつくないけどプリキュアというコンセプトに笑った。
時折入るうp主妹のイラストが非常に良い味出してる。
あえて言おう。妹GJ。

ALL赤魔道士

タイトルまんま。赤魔道師というとFF1が絶頂期でその後は坂道を転がり落ちていくかのように評価が落ちているようなイメージしかないんだけど。
特にFF5ではれんぞくま習得用ジョブという印象しかないw。
やはりこの動画のポイントは絶対的な火力不足をどう補っていくかかなあ。
れんぞくまも要所要所でしか使っていないので基本魔法も単発でどうしても火力は足りないし。

FF5を青魔道士の青魔法のみでクリアしてみる

タイトル見れば分かるとおり凄い縛り。通常攻撃禁止、また移動中も含めて道具の使用も禁止、
よってテントやコテージも使用不可と言う恐ろしい事態。
これのせいで道中がどこのメガテン3ですかというくらいに緊迫感あふれるものに。
青魔法と言うとホワイトウインドやマイティガード、レベル5デスくらいしか使った記憶のないオレとしては
この青魔法の使い方には感心するのみ。ほぼ全部の魔法に使いどころがあるからなあ。
倍速とはいえ道中の動画も含まれているので凄いボリュームがあるけど、前述の縛りがあるので結構見てて飽きない。
ただし頭の悪い阿呆が湧いているのでコメント非表示推奨かなあ。
結構役に立つコメントもあるんだけどね。NG設定20個じゃ足りないよ。

これを見てみるとアビリティ習得がかったるいと言うイメージのFF5だけど、多少縛りを加えた方が面白いのではと言う気がしてきた。
というか、キャラ性能極めるなら踊り子とか吟遊詩人とかはいらんわけで、
戦術的に見ても全員に満遍なくジョブをマスターさせるのはまあ育て過ぎだよなあ。
ドラクエ7をやり直してみて、今ならキャラの役割分担考えてもうちっと効率の良いプレイが出来そうな気がする。
posted by はやたん at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

プラモつくろうの動画発見

ふとしたきっかけで「プラモつくろう」の動画をYouTubeで見つけることが出来た。
特にレプラカーンの回のべっ甲塗りは是非とも見たかったので夜中だと言うのに見入ってしまった。
ニコニコの方にもあったらしいんだけど随分前に削除されたらしいので、
ここから通報されることはないと思うけど念のためYouTubeの方のリンクは貼らないでおく。
興味のある人はYouTubeのリンクを2,3辿れば全部見つかると思うので。

で、思ったんだけど、この番組のガンプラの回の見所はほとんど塗装だけだなあ。
ちょっと他のカテゴリのプラモに比べてやっていることのバリエーションが少ないように感じる。
いや塗装自体奥が深いってのは十分に実感しているんだけど、それなら何もガンプラじゃなくていいじゃないかと。
一度機体の改修工作とかを徹底的にやっているものとかも見てみたいんだけど。
今のところそれなりに大胆な工作しているのグフカスタムくらいでしょう。

ただガンプラ以外の回で紹介されているテクニックは何気にガンプラに応用が可能だとは思う。よく言われていることだけど。
個人的にはガンプラには戦車とかよりは戦闘機のテクニックの方が合うような気がする。
バーニアとかエンジンノズルとかスラスターの表現なんてのは共通するところがあると思うし。

オレとしてはやっぱり越智信善氏の制作の回が一番安心して見ていられると言うかフィーリングが合うかな。
作っている様子とか製作コンセプトとかは結構ツボだし、模型に対する姿勢も非常に真摯ですげー好感持てる。
posted by はやたん at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

おバカ過ぎる化学実験

先日ニコニコ動画を見て回って見つけた動画があまりに馬鹿すぎて大笑いしてしまった。
元は何でもイギリスのBrainiacという番組らしいけど。
簡単に言うと鉄腕DASHやDの嵐がやっているおバカ実験を数段高度に、数段過激にした感じ。
幾つか気に入ったのを紹介。

まずは一番派手でバカなテルミット編。
酸化鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火を付けてみた
酸化鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火を付けてみた・・・2
酸化鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火を付けてみた・・・3
酸化鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火を付けてみた・・・4
酸化鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火を付けてみた・・・5
やっぱり1と2が最高。結果がわかりきっているのにあえてトライするその心意気に乾杯。
つーか明らかにテルミットを盛っている量がおかしすぎ

【ニコニコ動画】ものぐさのためのケバブの焼き方講座
ケバブを焼くのに強い火力……ってそれ火力違う

【ニコニコ動画】電子レンジでちょっと変わったものを温めてみた
家庭でも出来てしまう危険な実験。これだけはマネしてはダメ、ゼッタイ。
しかししょっちゅう爆発起こしているな、この番組。それが味とはいえ。

【ニコニコ動画】危険な化学実験 『とある物を水にぶち込んでみました』
アルカリ金属をカリウムまででなく、周期表でその下まで水にぶち込むと言う高度なバカ実験。
つーか普通ルビジウムとかセリウムの単体なんて実験室じゃ使いません。大抵ナトリウム、時々カリウムで十分。
ただしどうもこれに関しては爆薬仕込んだ演出らしく、英語版のwikipediaにもその辺り書いてあります。
とはいえ、危険なのは変わりないんだけどね。YouTubeで見つけたけど実際にはこんな感じ
この動画で2グラムのセシウムを投入しているけど
見事にビーカーが吹っ飛んでるもんなあ。

この手のやっていることは高度だけどバカという番組は日本でも見たいけど、
やっぱ色々規制が厳しいから難しいかなあ。
特に電子レンジ系は事故が起こったら速攻で打ち切られそうだ。
posted by はやたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

ええい、シグナルPは化け物か

【初音ミク鏡音リン】Summer Rain【アサクロイド01】

コムロイドで紹介したシグナルPが今度は浅倉大介をやってくれました。
浅倉のコーラスってあまり記憶に無いんだけど、原曲聞いてみたらあまりの再現度の高さに吹いた。
ついでに言うと木村由姫という選曲にも合掌。
それほど有名って訳ではないと思うけど、隠された名曲と言った感じの曲が結構多かったと思う。

そんで次がこれ。

【初音ミク】I'm proud【コムロイド04】

コムロイド新作。つーかミクの声調とかオケの再現度とかコーラスの再現度とか異常すぎるくらいだぞこれ。
ミクの英語の発音には難がありまくりなんだけど、その辺を無理して英語っぽくするわけでもなくごまかすわけでもなく、
ミクらしくさらっと歌わせる辺りはセンスなんだろうなあ、やっぱり。
高音のキツイこの曲はコメにもあるようにVOCALOID向きと言えるかもしれないな。
この曲を元キーで歌える奴がいたら相当すごいと思うもんな。
しかし多芸すぎるぞシグナルP、自重しろw(意訳:もっとやれ)

これで終わるのも何なのでもう一つ。

頭の弱い子のやるアーマードコア3SL

リンク先は第1話で。タイトルだと馬鹿っぽいけど、実際にはガチプレイを馬鹿なBGMに乗せて
編集した、と言う感じが多いと思う。馬鹿プレイもあるにはあるんだけど、
どちらにしろテクニックが上手いので参考にもなるし、笑えると言う動画。
とにかく動画数が多いのでじっくり見ていくのが良いかと。
posted by はやたん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

ニコ動よりいくつか

あまりこれといったネタも無いので最近見て気に入った動画を。

ポケットモンスター 敵レベル倍でプレイ その1
(リストはここ

ゲームの改造系なので普段はあまり好きではないんだけど、これに関しては大いに笑わせてもらった。
ポケモンの知識がないといまいち楽しめないと思うし、
オレもファイアレッドはノータッチなのでよく分からない部分もあるけど、
それでもポケモン赤を現在進行形で進めているオレにはツボにはまった。
いきなり立ちふさがるライバルのミュウツー、ストーリーを進めていくにつれてカオスなくらいに倍増していく敵のレベル、
一方こちらはピカチュウ+御三家ポケモンで固定という理不尽なまでのマゾプレイ。

この動画の面白いところはストーリーが進むにつれて4体のポケモンのキャラクターが立ってくるところだと思う。
序盤役立たずだが中盤以降アイテムとドーピングでパーティの主砲に躍り出る(ただし装甲は紙)ピカチュウ、
おいしいところを全てかっさらっていくリザードン、
攻撃・支援ともに要所要所で地味な活躍を見せる縁の下の力持ち的なフシギバナ、
普通のプレイなら文句無く主力だしこの動画でも所々活躍しているのだがどこか地味なカメックス、といった具合に。

縛りプレイとはまた違った面白さがあって良かったと思う。
ポケモンよく分からんという人はこのあたりをさらっと流し読みしてもらえれば大雑把な戦闘システムは理解してもらえるかと。


【鏡音リン・レン】Time&Space【オリジナル02】
【鏡音リン】ライバル【オリジナル06】

以前紹介したコムロイドことシグナルPの鏡音リン。この2曲はまあ個人的な好みという事で。
そこはかとなく漂う90年代というか小室テイストがツボ。
ライバルの方ではAメロの重低音のストリングスとサビの軽快な音とのギャップが面白いと思った。
他のところで暴露されているけどこの人本物のプロなんだよね。
音楽はともかく、他のジャンルでもニコニコには結構プロが参戦しているらしいので、
こういうプロとアマの境目が無くなりつつある場所ってのは今後の展開を含めて興味深いと思った。


と、いったところで〆。
posted by はやたん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

ホイホイされますた

今回は1個だけで。

ミクロス「愛・おぼえていますか」

まあタイトルそのままで初音ミクで劇場版マクロスのテーマソングを。
これまた見事なシンクロ。曲調から言ってミクに合いそうではあるな。

それにしても改めて見たけどマクロスの最終決戦のシーンはなんだかんだで痺れる。
大規模すぎる艦隊決戦、飛び交うミサイルとビーム砲、ブリタイとエキセドルのセリフ、
敵の母艦突入からボドルザーへの単機突入と全武装の一斉射撃といった
一連のシークエンスに鳥肌が立つな。やはり板野サーカス万歳。

スパロボαでもまあこのシーンの再現があって、こちらの気力150、敵の気力50と言う状態でフルボッコが出来たっけ。
ボドルザー艦は能力値が微妙で原作ほどの脅威は感じなかったような気がするな。
最終的には主人公機やSRXでフルボッコ。
posted by はやたん at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

コムロイドに大ウケ

最近ニコニコで見つけた動画より。

FREEDOM【鏡音リンwithシグナルP】コムロイド編02カバー

VOCALOIDでglobeってのもすごいけど打ち込みの技術がすげえ。
そして作者のコーラスがテラ小室。本人っつっても誤魔化せてしまうんじゃないか。
そしてリンの調教も凄まじく、ここまで自然に歌うリンは初めて聞いた。
何だけど、作者のコーラスについ注目してしまって霞んでしまうw。

恋しさとせつなさと小室〇哉と【初音ミク with s.komuloid】コムロイド編03

同じ作者の作品から。出オチと思いきや曲と完全に小室なコーラスが凄い。
耳コピで打ち込みを作ったのとシンセでここまで元曲の音を再現したのは凄いなあ。
ここまで音を自在に作れたらオレもDTMに本格的に取り組めたのかもしれないけどorz。

ついでに同じ作者のオリジナル曲。

【鏡音リン鏡音レン】リンリンシグナル【Full Ver.】オリジナル01
【鏡音リン・レン】Time&Space【オリジナル02】

曲調としては正反対だけどどちらも良い曲。ついでに扱いが難しいと言われるリンレンをここまで使いこなす技量は凄いと思う。
この2曲とも微妙に小室テイスト入っているような気がするのはオレだけかなあ。

同じ作者の動画ばかりでも何なので。

【鏡音レン】 ALI PROJECT/亡國覚醒カタルシス [フル版]

レンの鼻声に多くの作者が悩まされているらしいけど、この動画はその辺りを上手く調整して、
それさえも味に変えているように思える。本当に注意して聞かないとわからないくらいだもんなあ。
アリプロの曲を歌わせるのも難しいのにこれはもう見事と言うしかない。
アリプロの曲が合いそうなのもやはりミクよりはリン・レンだろうな、幾つか作例聞いていると。
posted by はやたん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

やっぱり紹介しないわけにはいかないよな

前回のアーマードコア系の動画のときに一緒に紹介するべきだったかもしれないけど。

聖騎士セシルの受難

元は極限レベル上げによるやり込みである「FF4幼女リディアにメテオを使わせてみた
からの派生なんだけど、レベルと言う前提条件が違うだけで意味深になっていくセリフの数々が面白すぎる。
また随所に仕込まれたネタや動画の編集の腕が回を重ねるごとに上がっているのがわかるってのが良いよなあ。
しかしこのシリーズ、ストーリーを進めて普通プレイでのレベルとの差が無くなってくるとただのセシル封印プレイになっちゃうからなあ。
その辺は作者の腕の見せ所か。

ついでに、ちょっと古いが。

勇者ゆたすけ 愛の冒険日記(From 「今日のどらくえ」)

原形を止めていないゲームプレイ日記だと思い浮かぶのはこれ。こっちはドラクエ2でテキスト版だけど。
テキストにしろ動画にしろこの手のネタはどこまで原作を破壊しつつ肝心なところを残すかにかかっているからなあ。
前に自分でも作ろうとしたことがあったけど結局断念したわ。
posted by はやたん at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

アーマードコア系動画

ちょっとしたことでニコニコ動画で面白いプレイムービーを見つけたので今回はこれを紹介。
最近どうしても動画サイトだとニコニコになるな。YouTubeも悪くないんだけどさ。

エイトボールがアーマードコアNX
アーマードコアシリーズ、特にネクサスをプレイしていないと面白さの1%も理解できないけど、
逆に一通りプレイしていれば大笑いできるプレイムービー。
可哀想なくらいにバカなアセンブリをした機体での健気なプレイが面白すぎる。
シリーズで続いているけど、オレが特に受けたのはPart1と3。
Part3の開き直りっぷりは一周回ってカッコイイとさえ思う。……ある意味な。

AC4でガンダム
アーマードコアのプレイヤーなら一度は通る道だけど、これは再現力高すぎる。
オレはまだPS3もXboxも持ってないのでAC4はやったことは無いが。
AC2や3系でこんなに似た機体作れたっけ?
また投稿者の操作技術も凄すぎ。AC4ってこんな動き出来るのか?出来たとしても自分じゃまず無理だな。
これも色々シリーズあるけどお勧めはその3の百式とその5のギャプランがすさまじい再現力。
BGMで流れるZ主題歌の洋楽カバーのカッコ良さもあって普通に見入ってしまう。
posted by はやたん at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。