2015年06月23日

ジャパンカップ2015 東京大会1レポート

久々の更新にしてこのカテゴリも久々。
先日6/21にいよいよ開幕したジャパンカップ2015の開幕戦に参加してきたので
そのレポートを。
ちなみにこのときカメラを修理に出している最中だったので、
レース最中の写真はありませんのであしからず。

で、当日ですが、梅雨時ということでこの日も例年通りに天気がはっきりせず、
あまり雨の中長居したくなかったので、午前中の出場をもくろんで、
4時半起きの5時半の電車で出発し、現地に6時40分に到着。
この時点でオーバルガーデンの1階を2周するくらいの列ができていましたw。
そのあと待っていると列はどんどん伸びて結局階段下りて地下1階へ。
蚊取り線香か何かかと思える列ができていましたが。

で、結局自分のやや前で午前中は締め切られ、結局自分は午後の最初スタートとなりました。

さて、ジャパンカップ大事な緒戦のマシンですがこれで行きました。

150623-1.JPG

はい、S2シャーシの4号機です。
「え、S2でなおかつ大径タイヤ?正気か」とパッと見では思えますが、これにはこれで
きちんとした理由があります。

まずご存知の通りS2はシャーシ底面が低い(特にEXサイドステーを付けていればなおさら)
のでモヒカンストレートで不利になりそうですが、
逆に言えばS2でモヒカンを何とかできるなら他のシャーシでこの辺を気にしなくてOK
ということになります。
そのため、他のシャーシで中径タイヤを履いた時と同じくらいのシャーシ底の高さを
確保するために敢えて大径を選んだというわけです。
そして今回のコースは最高速よりも加速が重要になりそうなので、
大径タイヤに合わせてギア比は4.2:1にしております。
(というかこの辺は去年のジャパンカップで痛い目見た経験です)
あとモーターやブレーキは現地の様子を見てセッティングすることにしました。
始まる前の想定はアトミックチューンかライトダッシュあたり。
まあ、要するに実験走行です。このマシン。
大事な緒戦を実験に使うのか、と思う部分もありますが、どうせ東京だけでも4回あるし、
さらに緒戦は完走率もかなり低いと思うので完走できればワンチャンあると思うので
本格的にセッティングを固めるのはその後でもいいかな、という考えです。
てか自分の場合実際に走らせてみないと正直わからん。

150623-2.JPG

フロントはGUPのアンダーガードのセンターを取っ払ったモヒカン対策で。

150623-3.JPG

リアも中心の地上高を稼ぎながらプラウド対策に確実にブレーキを効かせたいので
直FRPプレートを切ったものを両端に接着して作りました。
一応緑・黒・グレー用3枚作り、写真では外していますが当日はグレーを貼って
高さは1mmのガン効かせです。この理由は後述。

さて自分の番が来るまでレースを見ていましたが、予想通りプラウドマウンテンでの
コースアウトが大半でした。スタート直後でコースアウトすると
長時間待たされてレースが5秒で終わってしまい、シャレになっていません。
が、午前中の様子が特におかしく、特に5レーンに差し掛かったマシンは
ジャンプの姿勢がきれいなのにそのままの形でコースの外に着地するマシンが多数。
まるで去年のフジヤマカタパルトを思い出させます。
どうやらプラウドマウンテンがやや傾いているのが原因っぽいのですが、
これを見ると各地の模擬コース、特に精度の高いコースで練習してきた人ほど
罠に落ちたような気がします。

まあそんなこんななのでコースアウト率が非常に高いために、
モーターは結局トルクチューンにしました。正直モヒカンストレートの実験車なのに
到達できないんじゃ何のためのマシンかわからないので。
そしてブレーキもグレーの1mm。バンクの減速が怖いですが
両端だけなのでそこまで大きく減速はしないだろうと思います。
それよりもプラウドマウンテンの攻略が最優先。速度負けしたらその時はその時。

で、午後に入って自分の番。ちなみに雨がそこそこ降ってコースはそれなりにウェットな状態。
しかもコースは魔の5レーンスタート。嫌な予感しかしません。
で、スタートすると案外プラウドマウンテンをすんなり抜けて着地も問題なし。
一応2周目以降も問題なくクリアしていましたが5レーンからだと
プラウドマウンテンの陰になって着地の様子が見えないのが非常につらい。
結果の方は(おそらく)4コースのマシンが良い速度出していたので
普通に速度負けでした。まあトルクチューンだし、コースが濡れていて
速度がそれほど乗らなかったので仕方がないです。

とはいえ、今回のレース収穫も大きかったと踏んでいます。
まずは想定通りモヒカン対策ブレーキはそれなりに効果がありそうなこと、
あとウェットコンディションだったとはいえ、S2で減速がほとんどなかったので
中心にブレーキを付けたりしてなければモヒカンの減速は気にしなくても
良いというような気がします。
他にもコースの攻略で考えていることは色々ありますが、
それはまあ自分よりも上手い人が書いてくれていると思うので省略しますw。

あと本当に模擬コースで練習してなくて本当に良かった。
自分も、あと上級レーサーでも3レーンの模擬コースは参考にならないと考えていて、
もし走らせていたら変な風に迷っていたと思います。
別物と思って楽しむ分には構わないと思うんだけど、
結局公式の設営がかなりばらつくので本当に精度の高いコース程練習と思わない方が
良いと思います(これも去年痛い目見た)。

で、レース後ですが物販は長蛇の列ができていたのでスルーして、
カメラの修理の受け取りがあったので早めに帰りました。
そしてカメラを受け取ったらそのまま夕食も食べずに寝落ちして朝を迎えましたw。
さすがに4時半起き、さらに前日大学の同窓会じゃ仕方がないですね。

最後になりましたがピートスペースにお邪魔させてもらったぽっぽやさん、
ご一緒させてもらったfreqさん、しおみんさん、本当にありがとうございました。
普段公式レースは一人寂しくその辺あてもなく彷徨っていたり、人の隙間から
レースをちら見したり一人悶々とセッティングを考えたりしかできなかったので
おかげで楽しくかつ有益な話がたくさん聞けました。
やっぱりこれがミニ四駆の最大の楽しみの一つだよなあと改めて確認しました。
この場を借りて御礼申し上げます。

さて次ですが東京大会までは2か月近くあって間が空きすぎてしまうので、
とりあえず2週間後の静岡大会には遠征しようかなと思います。
それでも7月半ばから8月末が空いてしまうけど行けそうな遠征先もないので
何かレースがあるといいなと思います(シード権の有無関係なく)。
福岡で大会があれば博多で知り合ったレーサー達と再会したいところなんだけど、
今年の九州は熊本なのでアクセスが悪くてしんどいです。
もしかしたら店舗レースのために福岡に行ってしまうかもしれないですw。
ラベル:ミニ四駆
posted by はやたん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。