2014年09月22日

サイドアーム、止めました

冷やし中華始めましたみたいなノリでw。

久々の更新だけど昨日ジャパンカップ福岡大会に参加しました。
まあ、こちらの方の詳細なレポートはあとで書くことにして。

以前の記事で7号機・8号機にギロチン式サイドアームを搭載したのですが、
何度かテストランしたりレースに投入した結果、サイドアームは止めて
普通のサイドマスダンパーに戻すことにしました。

いくつか理由はあるのですが、
一番大きいのは自分の工作技術が足りないせいもありますが、耐久性が足りない、ということ。
基部が1点止めになっているので走行中の衝撃で結構回転しやすく、
向いた方向によってはブレーキになって最悪コースを傷つけたり、
タイヤを止めてモーター過熱を引き起こしたり、というのが何度か起こりました。
ロックナットでぎっちぎちに締めても解決しないのでどうしたものかと。

確かに正常に動いていれば安定はしますが、そもそも高速で走行しているマシンで、
アップダウンの激しいコースの安定化のために搭載しているのに、
システム自体の耐久性がないというのはどうかな、と思いまして。

で、その辺を突き詰めると、結局ダンパーが叩く場所やウエイトの重さが同じだったら
アームの有無でどれだけ安定化させる機能に差が出るのかなというのが
急に疑問符がついてきたので。
メンテの度にナットの増し締めとかなり力を入れるのでその時のシャーシの歪みも気になるし。

ただまあ、サイドアームというシステムは非常に面白いと思うので、実戦投入しない、
お遊びで作ったマシンなんかでは色々試していきたいと思います。
一口にサイドアームと言ってもいろんな派生形があるみたいだし。
とりあえずギロチン式はもういいかな。

それとサイドギロチンを作ったり走らせて思ったけどやっぱりヒクオって相当完成度高い
システムだと思います。欠点と言ったら搭載するボディを選ぶことぐらいかなあ。
それもボディ加工を上手くやれば解決すると思うけど。
これを超えるシステムってなかなか難しい気がする。

まあ今のところ個人的にヒクオとかは搭載するつもりはないし
ポリカボディに走るつもりもないので当分の間は加工最低限のプラボディで
あがいて行こうと思います。
ラベル:ミニ四駆
posted by はやたん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。