2016年02月20日

Myミニ四駆紹介・その7

Myマシン紹介の7回目。
高度な改造は全くしていないのでその手の期待はしないでおいてください。
紹介するセッティングは細かいパーツまで書くときりがないので大まかな部分のみ。
細かいところは写真から判断するかコメントで質問してくれれば答えます。
モーターやギア比も厳密にはレースによって変えているので主なもので。

HRV-07_01.JPG

HRV-07_02.JPG

HRV-07  Top-Speed Type
HRV 7号機 最高速重視マシン
シャーシ:ARシャーシ
ボディ:エアロアバンテ
使用モーター:アトミックチューン、ハイパーダッシュ2、パワーダッシュ
ギア比: 3.5:1(キット付属プラベアリング使用)
ギアシャフト:フッ素コートギアシャフト
タイヤ・ホイール:大径バレルタイヤ・大径ホイール
ベアリング:キット付属プラベアリング
ドライブシャフト:60mm中空ステンレスシャフト
プロペラシャフト:1.4mm中空軽量プロペラシャフト
フロントローラー:13mmオールアルミベアリングローラー
リアローラー:19mm低摩擦プラローラー

戦績:
小栗商店月例レース(2014年7月) オープンクラス 3回戦敗退
ミニ四駆ジャパンカップ2014 東京大会2 1次予選敗退(完走2位)
TOM SAWYER不定期レース(2014/11/23) トーナメント 3位
ミニ四駆グランプリ2015 SPRING 東京大会1 1次予選敗退(完走5位)
スプリングトライアル(2015年4月 タミヤプラモデルファクトリー新橋) 1次予選敗退

エアロアバンテのデザインに(ry
ARシャーシ登場当初いろいろと良くない評判を聞いていたので
手を出すのを控えていたけど、
実際に作ってみると当たりを引いたのか普通に速いマシンになりました。
各パーツをボディカラーのパープルに合わせたかったけど、ホイールに紫が無く、
ローラーもプラローラーのみとあきらめかけていたところ、
えのもとサーキットでパープルのバレルタイヤを発見し、13mmオールアルミのパープルが
再販されたので装着することにした。
リアローラーをプラローラーにしているのは
単に自分の好みで19mmローラー使いたいってだけなんだけど。
あとはスタビボールに紫あればほぼ完璧なんだけど。

バレルタイヤを使用した段階で安定性に不安があるので開き直ってARシャーシの
駆動効率の良さを生かしてトップスピード重視マシンとして組むことに。
女神転生とかのステータス振り分けタイプのRPGに例えると
とにかくSTRにガン振りしてカンストさせた後にほかのパラメータに振り分けるという
頭の悪いコンセプトになっています。
とはいえフラットマシンにする気は全く無いため仕上がりとして
公式・店頭レースの立体コースマシンとしてはやや中途半端な位置づけかもしれませんが。

とりあえず順番的に次のジャパンカップこいつの出番になるんだけど、
セッティング的に凄まじく相性悪そうです。といってもタイヤとローラーは変える気
ありませんが。

(追記)A型に換装 HRV-07A
A型への主な変更点
・シャーシをガンメタルカラーに変更
・メイン使用タイヤをノーマルローハイトタイヤ+ディッシュホイールに変更
・リアユニットを変更してブレーキを延長・マスダンパーと独立化
・サイドマスダンパーにスプリングを装備

重量:154.5g(電池無し)/190.5g(電池(ネオチャンプ)込)
ローラーベース:140mm

HRV-07A_01.JPG

HRV-07A_02.JPG
タグ:ミニ四駆
posted by はやたん at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395712962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。