2016年02月20日

Myミニ四駆紹介・その6

Myマシン紹介の6回目。
高度な改造は全くしていないのでその手の期待はしないでおいてください。
紹介するセッティングは細かいパーツまで書くときりがないので大まかな部分のみ。
細かいところは写真から判断するかコメントで質問してくれれば答えます。
モーターやギア比も厳密にはレースによって変えているので主なもので。

HRV-06_01.JPG

HRV-06_02.JPG

HRV-06  Super-X Comparison-Test Type
HRV 6号機 スーパーXシャーシ比較試験マシン
シャーシ:スーパーXシャーシ
ボディ:サンダーショットmk.II
使用モーター:アトミックチューン、ハイパーダッシュ2、スプリントダッシュ
ギア比: 3.5:1(ギアベアリング使用)
ギアシャフト:フッ素コートギアシャフト
タイヤ・ホイール:ローハイトタイヤ(レッド)・5本スポークホイール
ベアリング:丸穴ボールベアリング
ドライブシャフト:72mm中空ステンレスシャフト
プロペラシャフト:スーパーXシャーシ中空軽量プロペラシャフト
フロントローラー:13-12mm二段アルミローラー
リアローラー:13mmオールアルミベアリングローラー

戦績(2014年7月更新):
イベント「爆走!!ミニ四駆ライブ野郎!!リターンズ!!」(2014年6月、天神) 最高2回戦
ミニ四駆ジャパンカップ2014 東京大会1 1次予選敗退(3周目CO)
ミニ四駆ジャパンカップ2014 大阪大会1 1次予選敗退(フジヤマチェンジャーでCO)
あるあるYYサーキット(2014年7月) 予選6位 決勝T準決勝2位
タミヤプラモデルファクトリーミニ四駆チャレンジ(2015年1月)リミテッドクラス 1次予選敗退
2015年2月 立川フレンドリーカップ オープンクラス 予選4P
ジャパンカップシード代表戦(2015年6月 新橋TPF) 1次予選敗退

サンダーショットmk.IIのデザインに惹かれたのと(またか)、
スーパーXXシャーシの登場でめっきり陰の隠れた感じのあるスーパーXを
使いたいということで作成。
ボディは干渉する部分を削ることで問題なく乗せることができた。
5号機との差別化とのために、コーナーリングスピード重視で試験的に
リアローラーを13mmに、将来的にスプリントダッシュを乗せることを視野に入れて
ローハイトタイヤを採用してみた。
リアのマスダンパーは軽量化を目的に普通の玉マスダンパーにしたかったんだけど、
どうにもジャンプの挙動が安定しないので基本的にはARサイドマスバンパー用の物を
搭載しています。

完成後はまだ自分がろくに経験がないのに低速立体コースを走らされたり、
立体向けに作ったのに準フラットコース走らされたり、
変態セッティングをさせられたりと色々と不憫な待遇をされている気がしますw。
まあその後真っ当なセッティングで走らせたりして割と酷使させてしまったので
しばらくは休んでもらう予定。

(追記)A型に換装 HRV-06A
A型への主な変更点
・シャーシをカーボン強化シャーシに変更
・リアステーを加工してローラーベースを短縮
・タイヤをノーマルローハイトタイヤ+ディッシュホイールに変更

重量:138.6g(電池無し)/174.6g(電池(ネオチャンプ)込)
ローラーベース:134mm

HRV-06A_01.JPG

HRV-06A_02.JPG

カーボン強化SXシャーシの再販に合わせてシャーシを新調し、
同時にコーナーリング性とメンテナンス性の向上を目指してリアステーの加工を
行ったマシン。
ただしシャーシの交換以降イマイチピリッとせず、タイヤとかいろいろ変えてあがいてみたけど、
どうもギヤなどをベタ移植したのが良くなかったのではないかと自分の中では
推測しています。6号機不遇伝説がこんなところにもorz。
現在は強化SXも再販されたのでシャーシにどれを使うかゼロベースで見直し中。
それ次第で新しくバージョンアップしたいと思っています。
タグ:ミニ四駆
posted by はやたん at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ四駆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395565601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。