2007年08月31日

戦国BASARA・攻略っぽいことPart.1 武田信玄

前回の続き。
その後信長、謙信に続いて前田利家でクリアと順調に進めていますが、
ここらでそれぞれのキャラについて感じたことをまとめてみようかなと。
あと、攻略サイトは結構あるけど、大抵のところは高いレベルで、アイテム・武器共に出揃った状態で語っているところが多く、
スタート時の状態からどんな感じで使っていくのか、というスタンスが少ないように感じたので。

まずはオレのメイン、武田信玄について。やっぱり長くなりそうなので「続きを読む」で。

(2007/08/31 追記・修正)

・基本能力
とにかく目を引く体力の高さ、そして高めな攻撃力とそこそこ高い守備力をもつため、ステータス的に見るとかなり強い。
反面移動速度は若干遅いがそれほど気になるほど遅いわけでもない。
総合すると基本能力の時点でかなり強力。

・通常攻撃
振りは若干遅いがそれを補って余りあるリーチの長さと攻撃範囲は特筆物。
とくに2撃目まででほぼ自分の周囲360度をカバーするので乱戦に非常に強く、さらに攻撃力も高いので雑魚は簡単に蹴散らせる。
たいていのキャラにいえる事だけど最後まで出し切ると結構隙が大きいので注意。
まあ、ほぼ1回転振る上にふっ飛ばし効果があるのでそんなに困らないけど。

・固有技
「疾きこと風の如く」(以下「風の如く」)
回転して周囲の敵を攻撃する技。また溜めをすることで回転数を上げることが可能。
最初から覚えている上に使い勝手が非常に良い技。
別にわざわざ力を溜めなくても通常攻撃に混ぜるだけで隙も作らずに敵を蹴散らすことが可能。
ボス戦でも有効で通常攻撃をガードされてもこれで空中に打ち上げて攻撃できる。
ただし攻撃を受けて動きが止まったりダウンしたりすることはなくても無敵になるわけではないので、
鉄球兵士とかの前で調子に乗って使っていたりするといつの間にかダメージがかさんでいたりする事があるので注意。

「徐かなること林の如く」(以下「林の如く」)
体力を消費してバサラゲージに変換する技。最初から使用可能。
微妙。信玄のバサラ技の性能から言ってわざわざ体力を消費してまで使うものでもないし、
それよか敵集団に突っ込んで斧をぶん回していれば結構すぐに満タンになる。
体力満タンでおにぎりが出たときに使える、と攻略本には書いてあったが、いちいちそんな面倒なことをしているヒマはあるまい。
まあ保険にはなるかも知れないのでプレイスタイルによってお好みで。

「侵掠すること火の如く」(以下「火の如く」)
力の限りの打撃を繰り出して敵を吹き飛ばす技。LV7で習得。
ふっ飛ばし性能はかなり高いのだが、技の出が結構遅く、当たり前だけど前方にしか攻撃範囲が無いのが難点。
「風の如く」があれば正直用無しのような気が。実際オレもあまり使わなかったし。
ただ「林の如く」が正直微妙なので、覚えたら状況に応じて付けといてもいいかも、という感じの技。

「動かざること山の如し」(以下「山の如し」)
地中から岩を出して直線状の敵にダメージを与える技。ガード不能。
技の出は「火の如く」と同じか少し遅いくらい、前方にしか攻撃範囲は無いが、射程距離がそこそこ長く、さらにガード不能なので使い勝手はかなり良い。
多分一番効果を発揮するのは盾兵が並んだ状態。向こうがあまり動いてこないのを利用して遠距離からMAX溜めで一気に殲滅。
なかなか使える技なのだが唯一の難点は習得がLV16と非常に遅いこと。1周目じゃほぼ不可能だろ(自由合戦使えば一応可能、ただし手間かかる)。

・バサラ技
隕石を呼び寄せて攻撃し、さらに信玄自身の攻撃力も一定時間増大する。
他のキャラ使ってわかったけど、信玄のバサラ技は結構独特。
ま、それは置いといて、隕石にも当たり判定はあるが最大の長所は無敵になることと攻撃力が上がること。
このため、バサラ技発動→「風の如く」MAX溜め→MAX「風の如く」発動でボス相手にしても物凄い勢いで体力を削ることが可能。
そうでなくてもわざわざ敵陣に飛び込まなくても発動できる、反撃を恐れずに通常攻撃で削れるということで結構便利。
ただわざわざ「林の如く」で体力削ってまで発動するようなものか、というとそうでもない気がするが。

・使用固有技&装備アイテム
「風の如く」は不動。あとは「山の如し」を覚えるまでは「林の如く」と「火の如く」をステージや好みに応じて。
アイテムは信玄に限ったことではないが、最初のうちは基本能力を底上げできる「剛力の腕輪」「守護の鎧」「体力の宝珠」「おにぎりのお守り」のうちの3つが様々な場面に対応できて便利だと思う。
その中で削るのなら、基本体力の高さから言って「体力の宝珠」「おにぎりのお守り」かなとは思う。
籠手やお守りといった補助アイテムは状況に応じて、としか言いようが無いw。
ちなみに第6武器に関しては攻撃力はともかく防御にやや難があるので安定感を求めるなら第5武器の方がおすすめ。

・まとめ
基本能力の高さに裏打ちされた、範囲の広い通常攻撃のために適当に斧をぶん回しているだけでも滅多にやられることはない。
通常攻撃に「風の如く」を織り交ぜるとサクサク進めるかも。
回避のことには余り気を使わなくて良い(全く気を使わないと死にますが)分、回避の苦手な人には持ってこい。
ただし基本パワー系なので似たように体力の高い敵(特にザビー)は個人的に苦手。
posted by はやたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 戦国BASARA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18214812

この記事へのトラックバック

野田城(愛知県新城市)
Excerpt:  武田信玄が最後に攻めた城として知られる野田城跡(新城市史跡)の北側斜面を含む谷が、建設残土で埋め立てられつつあることが分かった。  谷は自然地形のため史跡指定されておらず、工事は止められないという..
Weblog: 古今チップス
Tracked: 2006-05-28 14:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。